キャッシングとヤミ金の世界

キャッシングとヤミ金の世界

お金を借りるということに抵抗感を持つのは当たり前の感覚です。しかし、お金を借りることに慣れてしまうと、その抵抗感もなくなってしまいます。そして、そんな時に危険なのがヤミ金の存在なのです。ヤミ金とは、法規制には収まらない貸金業を行う業者のことです。よく言われるのが法外な金利や脅迫的な取り立てでしょう。

 

10日で1割というありえない利息を吹っかけるトイチどころか、10日で5割のトゴが当たり前にある世界です。法規制の範囲では収まらないとはいえ、法律が適用されないと言うわけではありません。ただし、業者によっては法規制が及ばない可能性もあるので、法的に裁くことが難しいことを考えると利用しないのが最善です。

 

ヤミ金は利用しないに限りますが、では、どうやって見分ければいいのかということですよね。実は難しくはありません。特徴としては、「住所不特定」「貸金業登録をしていない」「連絡先が携帯電話のみ」「誇大広告」「ダイレクトメール」など、あからさまに怪しい雰囲気で顧客を誘い込んでいます。なので気をつけていれば、そうそう引っかかるものではないでしょう。

 

ただ、それも無知であるとやはり引っかかってしまう人もいるのです。なのでキャッシングを申し込むときには、必要最低限の情報は抑えた上で申し込むことです。また、できれば大手の消費者金融などを活用し、名の知らない貸金業者は利用しないことです。万が一トラブルに巻き込まれたら一人でどうにかできる問題ではないので、弁護士に相談してみてください。