お金を借りる手段

お金を借りる手段

お金を借りる手段には、どのような方法があるのでしょうか?
いくつかの方法について説明してみますので、自分に合った方法を選びだすようにしましょう。

 

親からお金を借りる

一番身近な存在である両親からお金を借りる方法です。これまで世話になった親からお金を借りることに抵抗を感じる方も少なくないかもしれません。

 

しかし、いざという場合に一番頼りになるのも親の存在なのです。まずは、正直にお金を借りなければいけない理由を説明しましょう。

 

親からお金を借りる場合に注意しなければいけないことは、贈与の問題です。借りたお金が贈与と判断されてしまうと、贈与税が課せられます。

 

そこで、お金を借りる場合には契約書や借用書を作成しておきましょう。通常は利息まではとらないでしょうから、金利は「0%」と記載しておけば大丈夫です。

 

また返済をした履歴を残しておくことも大切です。口座振込による通帳の履歴や、領収書を残しておくようにしましょう。

 

国や区役所からお金を借りる

生活に困ってお金を借りなければいけない場合には、国や地方自治体を頼ることが一番の方法かもしれません。わが日本国では、生活困窮者に対する支援制度が整っています。せっかく高い税金を納めているのですから、十分に活用するようにしましょう。

 

生活支援のための貸付制度の大きなメリットは、金利の低さです。一般の融資に比較しても格段に低い金利で借りることができます。内容次第では、無利息期間を設けたり、元金返済の猶予期間をとることもできます。

 

生活支援のための貸付ですので、借りる場合には申込者の状況が問題になってきます。失業や病気などで働けない方に対する貸付ですので、普通に働いている方では当然利用できません。また、借り換え目的などで利用できない点も同様です。

 

貸付を受けると同時に、生活再建のための支援も受けることができます。住居を提供してもらい、就職先をあっせんしてもらい、一日も早く生活を再建できるようにしましょう。

 

金融機関でお金を借りる

一般的にお金を借りるといえば、銀行や消費者金融を思いつきます。審査にさえ合格すれば、ある程度柔軟な資金の借入ができます。ギャンブルや一時的な衝動買いのための借入はおすすめできませんが、自分の裁量で利用することも可能です。

 

しかし、それには独自の審査に通る必要があります。審査基準はそれぞれ異なっていますが、きちんと返済できる、という条件が一番大切になってくるでしょう。そこで、申込者の収入が問題になってくるのです。

 

審査にさえ合格することができれば、すぐにお金を借りることも可能です。最近では審査スピードも向上していますので、申込したその日のうちに借入することも十分可能になっています。

 

申込方法もインターネットの利用をはじめとして多様化が進んでおり、自分の都合に合わせることができます。利用をする上で、返済のことを考えておけば利用価値の高い手段であるといえるでしょう。