日常生活ではお金が必要

日常生活ではお金が必要

貴方にとって大切なものとは、何でしょうか?親・子供・兄弟・友達・彼氏・彼女などの、人間関係。愛猫・愛犬・ハムスターなどの、ペットの存在。スポーツ・読書・プラモ造り・園芸などの、趣味の時間。車・家・船・宝石・バッグなどの、物品。

 

その他、挙げていくときりがないのかもしれません。これらを守っていくには、どうしても必要なものがあります。それは「お金」です。寂しい限りですが、「お金」がないと大切なものを守ることができないのです。

 

そのために、人は働いて報酬を得ます。何もしないでお金が手に入るということは、普通ではあり得ません。仕事やいづれかの作業の対価としてお金を得ることは、人間社会が始まって以来の決まりでもあるのです。

 

世の中には楽をしてお金を得ている、と思われている方もいらっしゃるかもしれません。それでも、何らかの裏付けとしてお金を得ているのが、ほとんどなのです。

 

普段の生活において、お金は欠かせない存在です。普通は、仕事をしてお金を手に入れ、生活上で消費していくことになっています。生活の3大要素である「衣・食・住」を満たすにも、やはりお金が必要です。最低限の生活を送るにも、やはりお金が必要です。

 

それでも、長い人生の中では、突発的な出来事が起こってしまうものです。そのために、一時お金が不足することがよくあります。

 

急な病気や怪我、会社の倒産や仕事の解雇、冠婚葬祭、地震や火事などの災害、自分でも思いもかけない事態により、お金が足りなくなる場合があるのです。

 

普段から一定の貯金をしている方は、対応もできるかもしれません。しかし、大多数の方は、突発的な出来事に頭を悩ますことでしょう。手元にお金が無い場合には、何らかの方法でお金を借りることを考えなくてはいけません。

 

お金を借りるというと、銀行などの金融機関が真っ先に思いつきます。しかし、実際には、お金を借りる手段というのは、それだけではありません。

 

親や兄弟、知人などの身近な存在の方から借りることもできるでしょう。国や地方自治体などを利用する手段もあります。勤務している会社からも借りることができるかもしれません。

 

まずは、自分がお金を借りなければいけない理由について、あらためて考えてみるようにしましょう。

 

生活資金に困っているからでしょうか。将来の自分のために勉強をしたいためでしょうか。お友達と旅行に行くお金を借りたいためでしょうか。事業に必要なお金を用意したいのでしょうか。お金を借りる理由によって、ある程度はその手段が決められてきます。

 

その次には、返済のことを考える必要があります。自分の現在の収入から返済できる範囲で借りる必要があるためです。実は、ここでもお金を借りる理由が大きな意味を持ってきます。

 

失業などで生活資金に困ってお金を借りる場合には、今後どのようにして生活を立て直していくのかを考えなくてはいけません。趣味に活用するお金であれば、自分の返済能力を越えないで借りる必要があります。事業に使うお金であれば、そのお金をどのように利益に結び付けていくのか計画を立てるべきです。

 

お金を借りるということは、現在の社会では簡単に考えられている傾向があるようです。しかし、きちんと考えずに借りることは非常に危険なことでもあります。必要なお金を、必要な範囲で、必要な方法で借りる、ということを常に頭に入れておきましょう。